終末エッセイ

自分の記録を残していこうかなと